文章が書けない人のためのライティング講座~後編~

では、次に分かりやすくするための
工夫を説明していきます。

453_originalこれも、別に難しいことではなく
一度覚えてしまうと
2度目からは簡単にスルスル~と出来る事ですから(b^ー゜)!!

それは以下の3つの内容です。

  1. 改行する
  2. 空行を入れる
  3. 文字装飾を行う

では、1つずつ見ていきましょう!!

改行する

改行というのは、
その言葉通り「行を改める」ことなんですが、
一番大切なことは「適切な部分で改行する」ことなんです。

例えば、こんな文があったとします。

<パターンA>

あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。お爺さんは山に芝刈りに、お婆さんは川に洗濯へと行きました。そして、お婆さんが川で洗濯をしていると、上の方から大きなスイカがドンブラコ~ドンブラコ~と流れてきました。それを見たお婆さんは、あわててスイカを家に持ち帰り、お爺さんと半分ずつ食べてしまいました。



まぁ、なんて事はない意味不明の物語なわけですが、
今まで私の文章を読んできたあなたにとって、
非常に読みにくくありませんでしたか?

感のいい方はお分かりだと思いますが、
これは改行が出来ていないからなんですね。


ちょっと改行が出来てるパターンと
比べてみましょう!!

<パターンB>

あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。
お爺さんは山に芝刈りに、
お婆さんは川に洗濯へと行きました。
そして、お婆さんが川で洗濯をしていると、
上の方から大きなスイカが
ドンブラコ~ドンブラコ~と流れてきました。
それを見たお婆さんは、あわててスイカを家に持ち帰り、
お爺さんと半分ずつ食べてしまいました。



どうでしょうか?
上のパターンよりグッと
読みやすくなったんじゃないでしょうか?

新聞などは別ですが、
通常初心者がブログで記事を書くと
パターンAのように非常に読みづらい文になります。

なので、これを改行で改善していくわけです。


ポイントは、一行の2/3以内で改行を行うことです。
このブログを見てもらっても2/3を超える長さの
改行位置はほとんど無いと思います。

あと、どこでも改行すればいいという訳でもなく
文書として区切りのいいところ、意味が通じるところで
改行していく必要もあります。

でないと、分かりやすくするために改行したのに
本末転倒になってしまいます。

空行を入れる

では、次は空行を入れるですが、
パターンBの文に更に一工夫を入れることで
より読みやすい文になります。

<パターンC>

あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。

お爺さんは山に芝刈りに、
お婆さんは川に洗濯へと行きました。


そして、お婆さんが川で洗濯をしていると、
上の方から大きなスイカが
ドンブラコ~ドンブラコ~と流れてきました。

それを見たお婆さんは、あわててスイカを家に持ち帰り、
お爺さんと半分ずつ食べてしまいました。



分かりますでしょうか?

空行を入れることで、全体にスペースが出来て
ストレスを感じにくくなったんじゃないでしょうか?

文字で埋め尽くされてると
どうしてもストレスを感じやすくなってしまいます。

これが、空行がある文章とない文章とでの印象が
大きく違う原因になります。


ちなみにパターンCでは、
1行だけ空行を空けてるところもあれば、
2行空けてるところもあります。

実は1行ばかりだと、
全体がワンパターンに感じてしまいます。

なので、ランダムに空行を入れるようにすることで、
凄く自然な文章になります。

ここまででも、かなり読みやすい文章になりますよね♫

文字装飾を行う

ですが、更に一歩ススメて
文字の装飾までやってみましょう。

これを行うことで、文章にメリハリが付き
読者に伝えたいことが伝わりやすくなります。



使う文字装飾は3種類です。
なぜ3種類なのかというとこれが基本だからです。

この3種類を使いこなすことが出来て
初めて他の装飾方法も活きてきます。

  1. 黒太字(目立たせたい箇所)
  2. 赤文字(重要な箇所)
  3. 黄色マーカー(最重要な箇所)

使用頻度はこんな感じです。
黒太字 > 赤文字 > 黄色マーカー

<パターンD>

あるところに、お爺さんお婆さんがいました。

お爺さんは山に芝刈りに、
お婆さんは川に洗濯へと行きました。


そして、お婆さんが川で洗濯をしていると、
上の方から大きなスイカ
ドンブラコ~ドンブラコ~と流れてきました。

それを見たお婆さんは、あわててスイカを家に持ち帰り
お爺さんと半分ずつ食べてしまいました。



どうでしょうか?
メリハリがついて、どこが重要なのかもハッキリと
分かるんじゃないでしょうか?


もちろん、
記事を書く時のポイントはいろいろありますが、
この前編と後編をマスターするだけで
普通の文章ならば十分に書けます。

なので、まずはこの基本部分をしっかりと
マスターしていきましょう!!

覚えてしまえば、
必ず簡単に文章が書けるようになりますから(゜∇^d) !!

1件のコメント

  • ガッちゃん

    文章にメリハリですね、参考になりました。 ありがとうございました。

コメントを残す